アレキサンドライトレーザーによる髭脱毛の効果とは!

ムダ毛のない男性1

髭が濃いとダンディというイメージもありますが、多くの女性は髭が濃いと清潔感がないとか汚いと思ってしまいます。特に色白の男性であれば青髭が目立ってしまい、髭をきちんと剃っているのに汚いと思われてしまうことさえあります。

そんな男性のために髭脱毛というものがあり、レーザー脱毛が一般的です。

今回はレーザー脱毛の中でも、アレキサンドライトレーザー脱毛に焦点をあてて記述していきます。

アレキサンドライトレーザーとは

アレキサンドライトレーザーとはアメリカの会社が開発をしたレーザーであり、宝石としても有名なアレキサンドライトを用いたレーザーです。アレキサンドライトの天然石は非常に希少で高価なため、アレキサンドライトレーザーに使われているアレキサンドライトは人工石を加工したものを使用しています。

そのため、比較的安価にレーザー脱毛を受けることができます。

アレキサンドライトレーザー脱毛の仕組み

では、そんなアレキサンドライトレーザーを用いたレーザー脱毛にはどのような効果があるのでしょうか。この脱毛法では従来のレーザー脱毛と違い、ジェルを用いません。従来のレーザー脱毛では照射時の肌の負担を抑えるためにジェルを塗布して施術しますが、アレキサンドライトレーザーでは冷却ガスを患部に噴射しながら施術を行うので、やけどの心配がありません。

ここもおすすめのポイントです。

実は美肌効果もある!しかも安全

レーザー脱毛時のレーザーはメラミン色素に反応します。アレキサンドライトレーザーではそのレーザーの波長が肌の真皮層まで到達します。そのため、毛根だけでなく真皮層に形成されたシミやそばかすなどにも効果を発揮します。

アレキサンドライトレーザーの照射が肌のコラーゲンの産生を促進し、開いた毛穴を引きしめるため、美肌効果も期待できます。

そのため、一部の美容整形外科では美肌治療にも使われています。他のレーザー治療もメラミン色素に反応するという点では同じですが、波長が違うということがポイントです。アレキサンドライトレーザーでは他のレーザーに比べて波長が短いので、肌の深部まで届きすぎるということがないので、安全性が高いと言えます。

短時間で脱毛できる

アレキサンドライトレーザーでは1~2センチほどの範囲を一瞬にして照射できるので非常に短時間で脱毛を行えます。またジェルを塗布しないため塗布時間と拭きとり時間がないことも早さの要因ですね。脱毛後にアイシングを行う点は他のものと変わりありません。

また、効果が表れるまでの回数が少ないのもポイントです。もちろん個人差はありますが、1回目から徐々に効果が実感でき、10回ほど通えばもうほとんど気にならないほどになることも。脱毛の効果をすぐ実感できるという点は脱毛している方にとってはこの上ない喜びとなるでしょう。

アレキサンドライトレーザーは痛みが少ない

日本で使用されている代表的な医療レーザーは「ヤグレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」の3つがあります。その中で一番痛みが強いのが「ヤグレーザー」といわれています。それに比べアレキサンドライトレーザーは、先述の通り、他のレーザーに比べて波長が短いため、肌の最深部まで浸透しません。

そのため他のレーザーよりも痛みが少ないのです。「アレキサンドライトレーザー」と「ダイオードレーザー」では施術後の冷却の措置などが異なるのでひとえにどちらが痛いとはいえませんが、アレキサンドライトレーザーのほうが痛みが少ないと言われています。

照射後に冷却ガスで一気に患部を冷やすのでより一層痛みを感じる時間が短いです。また、照射範囲も広く一回当たりの照射時間も非常に短いので痛みを感じるタイミングがとても短いのもアレキサンドライトレーザーの特徴です。

アレキサンドライトレーザーは熱量のレベルが5段階ほどあり強弱を肌の色味や敏感肌などに合わせて強さを変えられるので、心配な方は施術の際に相談してみてください。痛みの感じ方や耐性は個人差が大きいので、痛いときは我慢せずに麻酔を使ってもらうなどの処置を取りましょう。

濃い毛に有効!

アレキサンドライトレーザー脱毛では細い毛よりも太く濃い毛に対して強く作用します。そのため女性がアレキサンドライトレーザー脱毛を受ける際は、産毛の処理のために照射するというよりもVIOの脱毛や脇の脱毛に用いられます。

男性であっても同様で、太く濃い毛に対して有効であるため髭にも特に有効といえます。しかし、細い髭や生えかけ、生え始めの毛には作用しにくく、毛が抜けずに残ってしまうこともあります。濃い毛に作用するということは色の濃いものに反応するというように捉えるとわかりやすいと思います。

そのため、日焼けをしている人は痛みや炎症を起こす可能性があるということを忘れてはいけません。不安な方はカウンセリングの時に医師に相談してみましょう。

アレキサンドライトレーザーの代表機種

ムダ毛のない男性9

アレキサンドライトレーザーを照射する機械にもいくつかの種類があります。日本で使われている代表機種にはジェントルレーズ・アポジーエリート・クラリティツインなどがあります。アレキサンドライトレーザーの機械でもっとも日本で使われているのががジェントルレーズです。

アメリカのキャンデラ社という会社が作っています。他にもジェントルマックス・ジェントルマックスプロ・ジェントルレーズプロなどの派生機種があります。最も使われていることもありこの機械は非常に治療時間が短いので、女性の場合は照射したその日のうちから入浴ができるほど手軽です。

アポジーエリートはレーザー脱毛の世界的メーカーのサイノシュア社作った機種です。アレキサンドライトレーザーだけでなく、Ndヤグレーザーも搭載されていて、2つの波長を使い分けることができる機械です。他にも、アポジ・アポジプラス・エリートプラスや、エリートMPXと開発されている機種も多く、日本での導入数も伸びてきているようです。

クラリティツインは韓国のメーカーが作った機種で、フラットトップビームという照射範囲に均一にレーザーが照射されるという優れものです。これにより照射後の抜けムラができるのを防ぎやすくなります。それだけでなく、無駄に出力を変える必要もないため、敏感肌の人にも痛みが少ない施術が期待できます。

困ったらまずはお試しを

脱毛をしようと思った男性は数多くいることと思います。しかし、男性が脱毛というとあまり良くないのではという先入観や、脱毛は女性がするものというイメージからなかなか人に相談できない男性も多いようです。人には相談しにくいからネットで調べてみようと思い、口コミを目にする機会も増えるかと思います。

そうするとどこのサイトを見ても賛否両論であることが多いです。良い意見を見ているうちはここの病院がいいかもとか、あのクリニックがよさそうと選択肢が広がっているようですが、一度悪い口コミを目にしてしまうと痛みが強そうとか、副作用がありそうなどの不安が強くなります。

もちろん個人差がありますから、実際に脱毛をした時に痛みや副作用があるかもしれません。しかし、担当の医師はあなたのことを思って最も良い方法を選択する手助けをしてくれますし、その時の体調や肌の状態を鑑みて治療ができるかどうかなど総合的な判断をしてくれます。

決して安価な治療ではないので怖いと思うのは至極当然のことかと思います。しかし、そこで諦めるのではなく、無料カウンセリングや初回お試しコースを試してみたりして自分に合う方法を探していくことがよいかと思われます。

髭のことを諦めないで一歩を踏み出してみましょう

ここまで書いてきたことはあくまで世間一般でいわれていることやアレキサンドライトレーザーの概要についてです。実際に脱毛を受けた方のブログなども存在しますので興味がある方は調べてみてください。今は脱毛ができる場所が増えてきています。

男性専門のメンズエステやメンズサロンなども数多くあり、脱毛の敷居は低くなってきています。脱毛をすることは何も恥ずかしいことではありません。勇気を出して一歩を踏み出し、毎日の面倒な髭剃りの手間や青髭とおさらばしましょう。