剃りにくい髭を脱毛するメリットとスキンケアの必要性について

ヒゲを気にする男性30

髭のお手入れは男性の身だしなみのひとつですが、その一方で剃りにくいことに悩んでいる男性が少なくないのも事実です。髭は男性であることを示すシンボルとして扱われていましたが、近年になって価値観が多様化し、髭を脱毛するケースが増えています。

毎日の身だしなみの手間を省くためにも、髭脱毛のメリットやスキンケアの方法について学びましょう。

髭と男性の関係と衛生上の問題

髭は男性であることを示すシンボルとして重要視されてきた歴史があります。社会的な地位が高い人は髭を長く伸ばしたり形を整えたりするなど、髭の美しさを誇示してきました。また、宗教で成人男性に髭を生やすことを義務付ける戒律が作られるなど、人類の歴史において男性と髭の関係は非常に濃密であったと言えるのです。

その一方で髭はお手入れを怠ると途端に見苦しい代物に変貌してしまう事実を無視してはいけません。髭は体毛の中でも毛根ごとに伸びるスピードがまちまちであり、方向も定まっていないのです。伸びるに任せていると四方八方に広がってしまい、まるで爆発したかのような有り様になってしまうことも珍しくありません。

そのため、見栄えの良さを保つにはこまめなお手入れが不可欠なのです。また、髭の伸ばすのは非常に不潔な行為でもあります。髭には唾液や汗が付着しやすく、空気中の埃がこびり付くことも多いので汚れやすいのです。口の周りの髭は飲食物が付着しやすいので、食後の清掃は欠かせません。

髪の毛が長すぎると頭皮の汚れが落ちにくくなってフケが発生することがありますが、髭にも似たような現象が起きます。長い髭があるために口の周りやあごの汚れが落としきれず、フケのような汚れが飛び散ってしまうのです。

このような状態になると常に髭の周囲が汚れてしまい、衛生面で重大なトラブルが発生しやすくなります。そのため、飲食物の取り扱いや接客を行う仕事現場では髭を延ばすことを禁止する会社が多いのです。

髭が剃りにくい理由と肌トラブルの詳細

身だしなみに気を配る男性にとって髭剃りは非常に手間がかかる行為です。口の周りや下あごから喉に至る部分だけなので面積は決して広くはありません。しかし、凹凸が多い喉の辺りや曲線に沿って剃る形になる下あごは髭が剃りにくい部分でもあります。

自分では綺麗に剃ったつもりでも、触ってみると剃り残しの髭がヤスリのように擦れることは珍しくありません。髭が剃りにくいのはカミソリの刃を当てにくい形状である他、髭がくせ毛なのも大きく関係しています。くせ毛は毛根からねじれるように伸びるので、長さによって毛先の向きが変わります。

また、髭の一本一本があらゆる方向に向かって伸びるので、どの向きから剃っても綺麗に深剃りするのは非常に困難なのです。髭剃りによる肌トラブルは剃り過ぎによるカミソリ負けが知られています。カミソリの刃で表皮が削り取られ、その部分が赤く腫れてしまうのです。

くせ毛の髭を深剃りしようと同じ部分に何度もカミソリを当てることで生じる肌トラブルですが、回数を重ねるうちに肌の角質化や毛根部分の色素沈着が生じるなど、重大な不具合に見舞われる可能性も否定できません。そのような状態に陥ると回復は非常に困難なので、髭剃りの方法を見直す必要があります。

しかし、肌に傷が生じにくいとされる電気シェーバーではカミソリほどの深剃りは期待できません。肌質によっては電気シェーバーでもカミソリ負けのような炎症を引き起こすこともあるので、そのような場合は髭脱毛を検討するのが無難と言えます。

髭脱毛は煩わしい髭剃りから解放される理想的な処理

髭脱毛は髭を対象にした脱毛処理です。脱毛は女性が行うイメージがありますが、価値観の多様化によって美肌に気を配る男性が増えたことから、美容の一環としての髭脱毛が注目されているのです。髭脱毛の方法は女性向けの脱毛と基本的には同一であり、事前に毛穴を広げたうえで髭を抜き取るのです。

髭は非常に太く、固い体毛なので一度に複数本を抜き取るのは非常に刺激が強い行為です。脱毛後の肌トラブルも重篤化しやすいので、時間はかかるものの比較的刺激が少ない、一本ごとの脱毛が主流な方法となります。また、美容外科で行っているレーザー脱毛は髭脱毛に最適な方法とされ、脱毛プランの中でも男性の割合が高いのが特徴です。

レーザー脱毛は毛根を焼いて取り除くことにより、新しく生えるのを防ぐ効果があります。一度レーザーで処理した部分からは二度と体毛が生えることはありません。体毛の源である毛根が完全に破壊されたためです。これは髭も同様であり、レーザー脱毛で毛根を完全に焼き潰せば新しく髭が生えてくることはありません。

レーザーですべての髭を処理すれば煩わしい髭剃りを行う必要が無くなると共に、肌に余計な刺激を与えることを心配せずに済むのです。機器の出力を調節すれば髭の毛質に最適な強さのレーザーを照射できるので、処理できずに髭を残してしまうリスクも無くなります。

髭のお手入れに悩む男性にとってレーザー脱毛は理想的な方法と言えるのです。

髭脱毛は処理後のスキンケアが不可欠

レーザーによる髭脱毛は毛根の機能を完全に破壊できるのが利点ですが、その一方で処理後のスキンケアは慎重に行う必要があります。髭は体毛の中でも固く太いのが特徴です。そのため、髭を脱毛すると毛穴が剥き出しの状態になってしまうのです。

その状態で放置すると表皮の汚れが入り込んで詰まってしまい、痛みや炎症が生じてしまいます。

毛穴部分が赤く腫れあがり、鳥肌が立ったような見苦しい有り様になってしまうことから髭脱毛の後はスキンケアが欠かせません。市販の乳液や化粧水は肌が受けた刺激を緩和させる効果があるので、髭脱毛を行った部分に塗布することで傷ついた肌を労わることができます。

炎症も治まるので見栄えが良くなり、艶のある綺麗な状態にすることも難しくありません。

髭脱毛は永続的な効果と肌への影響を考慮して行う

ヒゲを気にする男性34

髭脱毛を行う場合、その効果が永続的な方法を選ぶのが最も良い方法と言えます。一般的な脱毛ではすぐに髭が生えてしまい、肌への悪い影響も避けられません。その点、毛根をレーザーで完全に破壊するレーザー脱毛は効果が永続的なので、二度と髭のお手入れに悩むことはありません。

髭剃りによる肌へのダメージが無くなるのもメリットのひとつですが、レーザーの照射そのものが肌に強い刺激をもたらす行為なので、方法を誤ると却って肌の状態が悪くなるおそれがあります。レーザーによる髭脱毛を行う際は効果の永続性にこだわるのはもちろん、処理後のスキンケアについても効果的な方法を予め確認しておくことが大切なのです。